グルメ 旅行 - エストレヤでマッタリ日記

エストレヤでマッタリ日記

カワサキエストレヤ(エストレア)99年式RSがメインのブログです! エストレヤの写真やメンテ情報に加えて旅の日記、キヤノンのデジタル一眼EOS7Dでの野鳥風景花撮影の記事なども。(※文書及び画像の無断使用、転載等はお断りします。Reprint is prohibited※)

 

能登輪島旅行その3、輪島土産を家で堪能 

旅行から帰って翌日、輪島からのお宝が届きました!

wa2026.jpg

まずはカンパチのこぶ締め。

wa2027.jpg

脂もノリノリ、水分が抜けて、そこに昆布の旨味がぎゅぎゅーーっと入った
ぷりっぷりのお刺身を盛り。

wa2029.jpg

お椀とお箸はもちろん輪島塗。
その口当たりはとてもしっとりしていて上品で優しい器です。

wa2030.jpg

カンパチはすし飯との相性も抜群!

wa2031.jpg

或いは他日、ハタハタ、メバル、のどぐろなどなどを焼き。

wa2028.jpg

その他、ふぐにホタルイカにと数日間、能登の海産をたっぷり味わい
たのしむことができました(´ω`*)


スポンサーサイト



にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

能登輪島旅行その2、輪島土産の海産物と穴場のお店 

初日はリサーチ、二日目は散策、三日目こそが海産土産の仕入れの本番です。
16時の飛行機で時間もたっぷり。

行動開始はもちろん朝から朝市へと向かいます。
そしていきなりこれです、この景色こそが求めていた景色!!

wa2001.jpg

なんか知らないけど果物だの炊き込みご飯だの野菜だのが雑然と
売られていておばちゃんが座っていて後ろに軽トラが停まってるこの感じを見ると
なんだか掘り出し物だらけに見えてしまいます。

この朝市では干物を焼いて食べられると聞いていたので、
ごはん枠としてたけのこご飯を購入。

次の露店でホタルイカの沖漬けを購入。
これ、色々な種類が売られてますが、いずれの瓶詰も濃厚なホタルイカの
じゅるりとした塩辛みたいな感じでもうめちゃくちゃおいしく外れ無しなので
見かけたら買ったほうがいいです。

wa2002.jpg

今日は雪もなく絶好かどうかはともかくも良い感じの買い物日和。
wa2003.jpg

財布のひもが緩みまくっているタイミングで見かけたのがこちら。

wa2004.jpg

時期にもよるのでしょうけれども、4月は寒ブリが終わっていてヒラマサが
いい時期なのだそうで、半身1500円で即決。
しかもこぶ締めにしてもらっての1500円ですからめちゃくちゃ安いですよ。
こぶ締めならば刺身で数日保つので正直一本買っておいてもよかったなぁと思います。

後で一通り見て回ったのですが、そもそも生系売っているところが少なかったので
ここのお店はなかなか貴重な存在でした。

更に干物も同じお店で購入。
ふぐの干物。

wa2005.jpg

写真の見た感じ大きく見えますが、実際も大きいです。
しかしこれ、あっという間に食べられてしまうので大きさに騙されてはいけません。
こんなの一度の食事で余裕で食えます、おいしくて。

つぎにしょうゆふぐ。
ふぐの干物は普通の塩>しょうゆふぐくらいの値段ですが、
しょうゆ系風味が好きな人ならしょうゆふぐのがおいしいかもしれません。

wa2006.jpg

こちらも結構な量があるように見えますがあっさり食べてしまえます。
いずれも1ざる1000円くらいととてつもなくリーズナブル。
結構おまけもしてもらえるので今度行くときには冷凍庫をからにして
買い占めに行こうと思っています。

更に名産のどぐろの干物。
お値段はふぐより高級ですが、油ノリノリでもちろんおいしいです。

wa2007.jpg

朝市ゾーン、海産物以外にせんべいやアクセサリなども売っていたりします。

wa2010.jpg 
wa2009.jpg 
wa2008.jpg 

この朝市せんべい、なんと北海道の六花亭からせんべいの委託生産?
を受けているのだとかで、裏面を見ると六花亭の文字がありました。

と、そんな感じでいろいろ仕入れたので焼き場所へ。
朝市のだいご味は購入した干物を焼いて食べられるところ。

wa2011.jpg

この通り、焼き場所があるんですが、朝市の時間帯は満員で空きがありません。
そこでお勧めなのが貴賓席です。

寒空の中セコセコ焼いているのを横目に、室内で、プロが焼いてくれます。
焼き代は一回100円。
一匹ではなく一回100円と破格に安いです。

wa2013.jpg

wa2017.jpg

白ご飯、味噌汁といった単品注文も可能で、もちろん普通に
メニューもあるので、輪島朝市に行かれる方は朝市ゾーンの奥の端にある「朝市さかば」
https://tabelog.com/ishikawa/A1704/A170401/17007866/
を覚えておくととても便利でおいしいです。

というわけで、朝市さかばさんで能登丼を注文しつつ、
更に白ご飯も注文しつつ干物を持ち込み焼きをお願いという感じでいろいろ注文。

wa2014.jpg 
wa2016.jpg

まずは能登丼、ぷりっぷりのヒラマサとトロロのおいしい丼で、
能登名産の「かじめの味噌汁」付きで、地物でとってもおいしいです。

wa2015.jpg

次に焼いてもらった焼き物、ジューシー照り照り絶妙な焼き加減で
瞬時に無くなってしまい、急いで店前のテントで干物追加購入。

wa2018.jpg 
wa2019.jpg

ふぐもとってもおいしいですが、ここにあったメバルの干物が
アマダイのように甘味と旨味があふれていてめちゃくちゃおいしく
買い占めてしまいました(笑)

たらふく食べた後、実家土産用に更に干物類を買い込み現地発送。

wa2020.jpg

そしてデザートにプリン。

wa2021.jpg 
wa2022.jpg

で、帰りがけに寄ったのが先日も立ち寄った塩徳屋漆器店。
https://shiotokuya.jp

wa0013.jpg

前の日に立ち寄ったところ、オーダーメイドのお椀を作れるということだったので
話を伺うことに。

wa2023.jpg

ところでこれは輪島塗屋さんの特徴だと思うのですが、皆さんものすごく話好きで、
自らの店の特徴や意匠、作品などなどをあれこれと見せて
解説してくれることが多いのですが、中でも塩徳屋さんはその中の王かもしれない。

オーダーメイド椀の説明のみならず、店内に展示してある人間国宝の
貴重な品々から先祖伝来の宝物まで、詳細な解説とともに一時間以上にわたって
解説していただきまして、とても興味深く面白かったです。

輪島塗に興味がある人で時間に余裕のある人ならぜひ行ってみてほしいお店です。
ここでオーダーメイドのお椀を発注して帰路へ。
オーダーメイドは椀のサイズとベースを決めてデザインは後日メールで送る形としました。

wa2024.jpg 
wa2025.jpg

輪島の交通事情として、空港からホテルへは乗り合いタクシーがあるので楽楽だし、
朝市などへの移動にも乗り合いタクシーや無料の巡回カート、レンタルサイクルがあるので
事前に調べていくとかなり便利です。

帰りは無料カートと、ホテルからの空港乗り合いタクシーでサクッと空港へ。
今回も海鮮お土産たくさんだったので帰宅後にもたっぷり楽しめました(*´▽`*)

その様子はまた次回。

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

能登輪島旅行その1、輪島のふぐとお肉と輪島塗の塗り箸とお椀 

四月に輪島へ行った時の記事です。
記事書かなきゃなぁ…と思いつつも、結構ボリュームが多いのでついつい後回しになっていました。

事の始まりは羽田空港。
まずはてんやで飯を食べ、チェックインして搭乗待ち。

wa000.jpg

wa001_201908171732453ec.jpg
wa002_2019081717325006d.jpg

予報では晴れだったんですが、なんだか雲が増殖…

wa003_20190817173248984.jpg
wa004_20190817173247cfe.jpg

しかしその後は曇りながらも、天候が崩れることなくホテルにチェックイン。

wa0004.jpg

ホテル横の廃墟?を撮影したりしつつ、街をぶらぶら。

wa0003.jpg

すると輪島塗屋さんを見つけたので入ってみました。

wa0005.jpg

店内奥には展示コーナーがあって、日展に出展した作品など様々な
輪島塗の作品を見せていただきつつ、お箸を購入。

wa0010.jpg

すべて手作業なので一つ一つがある意味一点ものってところに価値がありますね。
また、輪島塗はうるしの持つ殺菌作用によりお箸としても清潔で優れているのだとか。

この日はその後、朝市の場所を確認しつつ夕食を取って、
その帰りに大雨に振られたりもしつつ…翌日のあの事件。

4月の積雪は23年ぶりというまさにその日の輪島写真

輪島ってただでさえ風が強いので雪っていうか吹雪でした。
wa0006.jpg

こんな状況なのでお客さんも少なく貸し切りに近い状態。

wa008.jpg

雪宿りもかねてとりあえず滑り込んだお店が大当たりで、
おいしいものが盛りだくさん。

wa005_201908171752590e8.jpg

店の前で焼いていたカキを注文しつつ、地物の握りとふぐ丼を注文。
カキはもちろん、地物の握りもとってもおいしい。

wa009_2019081717530153f.jpg
wa007_201908171753043c5.jpg

ふぐ丼は1800円。
といってもそれほどの量は…と思っていたら一面のふぐ素晴らしい。

wa006_2019081717530503b.jpg

輪島ってふぐが名産なんですね~。
今までふぐって一度か二度ほど食べたかどうか位なんですけど、
ふぐって歯ごたえも含めてうまみも強くて本当においしいですね!

今回白子まで食べられて、とっても満喫できました。

wa0008.jpg

どうにか雪は収まったものの、地面がべちゃべちゃで靴がシミシミ。
しかしめげずに散策。
朝市ゾーンでおこぼれにあずかれるのか、カモメが飛び交っています。

wa0009.jpg

朝市にも興味津々だったのですが、海鮮土産系は最終日に回して
朝市エリアにある塗り屋さんをはしご。

主目的は自分用のお椀を探すことと、お箸です。
お箸は輪島塗といってもリーズナブルで、かなり良いものでも一膳3000円くらい。
きちんとした塗り物でもおおむね1500円~2500円くらいとお求めやすい価格。

なのでサクサクとお買い物。
これ北陸新幹線デザインなのだそうですが、ガクトさんとか使いそうな
セレブ箸!面白いじゃん!とか勝手に盛り上がって購入。

wa0014.jpg
wa0015.jpg

月と桜の柄がそれぞれ気に入ったので購入。

wa0016.jpg 
wa0017.jpg

この辺りはたいして悩みもせず買ったんですが…問題はお椀。
おぉ、このお椀は模様が面白いし綺麗だし、しかもセール!
で、お値段は………ジャスト1万円ってお買い得!

wa0018.jpg 
wa0013.jpg

みたいな世界。

なので、この、いやぁ素敵だなぁ、透き通るような感じに赤と、グリーンと、
金の細工が絶妙にちりばめられて…で、お値段は?
んぐっ…万円。

購入者は相当悩んでいましたが、数か月分の小遣いを投入し、
マイお椀を無事獲得していました。

wa0012.jpg 
wa0011.jpg 

尤も、自分はイラストデザインが仕事なので、手作業手書きでの制作の手間や
時間、技術ってものを考えるとお椀の場合はたとえ数万円だとしても高くないと考えます。

なので最初のお椀、あの柄の細かさでセールで一万円ってのは相当に破格でしょうし、
先々代からの作品で少し状態に擦れがあったからこそのセール価格だったようです。

おかげで美術品が我が家にやってきた感じになりますが、
やっぱり欠点もあって…気軽には使えませんね(;^ω^)
日常ローテ椀の中のスペシャル枠に組み込まれ、丁重に扱っています。

さて、歩き回っておなかもすいて昼食時間。
朝が海鮮だったので昼はお肉にしてみました。

メニュー看板がある写真を取り損ねてしまいましたが、店頭に、
ステーキ丼の写真が掲載されていてすっごくおいしそうだったんですよ。

wa0019.jpg

それがどれくらい美味しそうだったかと言いますと、
こちらをご覧ください。

wa0020.jpg 
wa0021.jpg

ご覧の通り、最高です(´ω`*)

その後海の方へ向かって猫を見つけたり…

wa0022.jpg

暴風で荒れ狂う海を眺めつつビーチコーミングの不可能さを悟ったり…

wa0023.jpg

旅行用135ミリ便利ズームで頑張りながら駅前のトンビと戯れたり…

wa0024.jpg 
wa0025.jpg

なんか鳥撮ってる時が一番楽しそうじゃない?とか相方に
突っ込まれたりもしつつ夕食タイム。

夕食はゴーゴーカレー。

wa0026.jpg

なんだ輪島塗がどうのと言いながら夕食はチェーン店か、
なんて人はニワカ。
実はゴーゴーカレー、石川発祥でご当地カレーなのです。
まぁその多少は、お椀で逝かれた財政の影響もなくはありませんが…

wa0027.jpg

ともあれ、サクサクのカツカレー、金沢カレーとってもおいしかったです!

wa0028.jpg


翌日最終日、干物お刺身海鮮祭りへと続く。

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

復興割りで行く北海道旅行~小樽のお寿司と六花亭限定スイーツ~ 

sap201.jpg

小樽中央市場を満喫した我々は次の目的地、観光エリアへと足を踏み入れたのである。

ところで小樽と言えば坂の町と言われるくらいなので滑らないか心配でしたが、
駅から下る坂エリアは大概除雪されているし、雪があっても思ったよりも
滑らないものですね。

表通りはせいぜい除雪された雪くらいしか見当たらないので
逆に冬の北海道雪景色的な景色をあえて探し回るくらいな感じ。

sap202.jpg

当初は北一硝子や土産物屋街のある観光エリアへバスで
移動しようかと思ってましたが案外近くて歩いても10分程度でつきます。

sap203.jpg

北一なども回りましたがこのエリアでの主な目的は六花亭の新メニュー
「雪やこんこ」を買う事。

更に、小樽の六花亭には二階にイートインがあって、ご当地限定
賞味期限が二時間というスペシャル「雪やこんこ」もここで味わえます。

sap205.jpg 

ココアビスケットの間にチーズケーキが挟まれたこのお菓子、
ひんやりとして和束でほのかな酸味のチーズケーキをザックリとした
ココアビスケットの苦みが押しつつんで調和し、かみしめるとチーズケーキが
チーズケーキのおいしさを口内に溶かしだしながらやがてスッ…と溶けて消えて行く様は
もっともっとといくらでも追いかけたくなります (*´ρ`*)

sap204.jpg

何はともあれ上質なものは「すっきり清らかに溶ける」気がします。
ほんと美味しかったです(^O^)

何店舗かをめぐって小樽運河に立ち寄りちょいと撮影した後は
いよいよ小樽のお寿司屋さんへ。

sap206.jpg

ここ、小樽に来たら必ず行くのがこのお店。

sap207.jpg

小樽寿司 魚真
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1001892/

先ずは一杯ヽ(=´▽`=)ノ
sap208.jpg

そういえば食べログのレポートで一貫500円前後だのと
書かれてるのがありますがあれ嘘ですからね。
算数の計算もできない奴だからああいう目に遭ったんでしょう(*_*;

私のお勧めは断然魚真にぎり!
あんまりコスパで言うものじゃありませんが、事実はこの15貫で2700円と
非常にリーズナブル。

sap209.jpg

15貫は多いって方には小樽握り12貫(2300円)てのもあります。
いずれもエビ等の入った美味しい土瓶蒸しが付いてきます。

sap210.jpg

他にもいろいろメニューがありますがディナーで二人、魚真と小樽握り、
お酒飲んでも6000円程度ってめっちゃ安いと思うんですよね。

sap212.jpg

そして何より質が素晴らしいです。
それを語るのに一番ふさわしいと思うのがこちら、ニシンの握り。
これは確かに一貫400円しますけど、ほんとに価値がある逸品です。

sap216.jpg

おばちゃんに満腹だから一貫くらいしか食べられそうにないけど、
ニシンが好きだからどうしても気になるから食べたい!
と言って普通に出してもらいました。

sap211.jpg

小樽と言えばニシンだそうですが、この美しさ。
その味は本当に、小樽と言えばニシンですね。
先ほど上質なものは「すっきり清らかに溶ける」と言いましたが
まさに清らかなくちどけの味。

実はニシンの握り自体は関東でも食べられるし、
ニシンの握りを何度か食べたことがあるんですが、全然違う。

独特の魚の香りってありますよね。
サンマならサンマ、イワシならイワシ、ニシンにも当然あります。

それは基本的にその魚の持つ油が臭いを放ち、風味としてそれを感じる事で
魚の匂いを認知するのだろうし、普通な事であって悪い事ではないし、
干物なんかではむしろそれがらしさとしての味わいにもつながっています。

けれどもこの握りにはそれが生じていない程に澄み切った鮮度なんですよ。
純粋なニシンの旨味と身の質感を雑味なしに味わうことができる、
これぞ小樽のご当地でしか食べられない至高の逸品、大満足の夕食でした (*´ρ`*)

小樽駅の夜景を眺めつつ札幌へ。

sap213.jpg 

そしてホテルからの札幌の夜景。

sap214.jpg

翌日いよいよ最終日です。


にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

復興割りで行く北海道旅行二日目@海鮮~小樽中央市場~ 

登別グランドホテル二日目の朝ビュッフェ。

基本和食派なので焼ニシンを中心に、自家製イカの塩辛や
焼き立てがうれしい厚焼き玉子とご飯を選択。

hok2001.jpg 
hok2002.jpg 
hok2003.jpg

先日の記事でも書きましたが、札幌行きのバスが微妙な時間なので
入園して見て回る時間はないけど売店くらいは覗いてみようって事でクマ牧場へ。

険しい階段…

hok2004.jpg

休止中のリフトをにらみながら階段を上り、クマ看板へ到着!

hok2005.jpg 
hok2006.jpg

広々とした駐車場があり、その先に上って行くゴンドラが見えます。

hok2007.jpg

時間があれば絶対行きたかったんだけどなぁ…せめてあと30分、いや一時間あれば。
売店には巨大なヒグマのはく製があったり、色々なクマグッズがあるので
色々購入してバス乗り場へ。

hok2008.jpg

バス乗り場は発車5分前にはこの状況なので早め行動が重要です。
尚並んでる人の9割が海外勢でした。

hok2009.jpg

札幌駅へはバスで一時間半程。
そこから先、今回は復興割り特典でJR札幌小樽間のタダ券と、
北のグルメ亭昼食券がついていたのでそれを使うことに。

北のグルメ亭は有名な場外市場付近にあります。
この市場街への最寄り駅は地下鉄で言うと二十四軒ですが、
JRの場合は桑園駅。

hok2010.jpg

市場街へは徒歩で、二十四軒からは10分程度、桑園からは15分程度かかります。
路面状況は通行する場所にもよりますが、表通りの車道は除雪されてますが…

hok2012.jpg

一本裏通りだとこんな感じ。

hok2011.jpg

いずれにせよ歩道は雪が多く、溶けた雪が水たまりになっていたりもするので
防水系のブーツがおススメです。

今回の旅では愛用している

アビレックス(AVIREX)


で行きましたが流石はバイク用、アイスバーンでズルっと滑った一回以外は
危なげなく、浸水もゼロで快適に行けました。


場外付近という事で、先ずはおなじみ丸果ビルへダメもとで訪れてみました。

hok2014.jpg

//
※地物がリーズナブルに買える一押しの海鮮市場、さっぽろ朝市(丸果ビル)の記事はこちら。
http://estrella99.blog.fc2.com/blog-entry-441.html
//

hok2015.jpg

ダメ元っていうのは朝市なので、たどり着いた時刻
午後12時20分には当然閉店…しかも翌日水曜は休業日('Д')

旅行前にその事実を知った時には、詰んだ、今回の北海道の海鮮土産は詰んだのだ!
と絶望したものです。

それはともかく、まずは昼飯を済ませてしまいましょう、グルメ亭へ。
クーポンのままだと海鮮丼だったのですが、金券としても使えるとのことだったので、
ここは北海道らしいメニューを頼みました。

イクラ丼、そしてウニいくら丼!

hok2017.jpg 
hok2016.jpg

味はとっても美味しいし、ボリュームも大。
大盛じゃないのに大盛りのボリュームがある。

ただし…これは総合的バランスで考えるのが間違いなのかもしれませんが、
画像ご覧になって分かる通り、いくらの層が薄い。
2000円のいくら丼と3200円のウニいくら丼って考えると…
海鮮丼のがバランスは良かったのかもしれません。

ちなみにご飯はゆめぴりかなど道産米をブレンドしたお米だそうで、
めちゃくちゃ美味しいので味に不満は無いんですけどなんかちょっともったいない感じでした。


私が場外(観光)じゃなくて丸果(地物)を推すのはつまりそういうところなんですよ。
飯もそうだし土産もそう。

品質は悪くないけどお値段が1.2~5倍換算になってくる。
それよりも飾り気のない地元の人が行くところをめぐる方が安くて
しっかり地場の物が買えるので満足感が高いんですよね。

というわけで一縷の望みをかけて小樽へ。

hok2018.jpg

荒々しい冬の海を越えて…
hok2019.jpg

小樽駅に着くと猛吹雪!
流石にこの時は寒かった…

hok2020_20190305211824d13.jpg

ちなみに市場と言えば、小樽の駅を出ますとすぐ近くに有名な市場はあるんですが
そこは良い立地にあることもあってやや観光客向けだと私は思うもので、
もう少し離れた小樽中央市場こそ当たりだと目星をつけていたのです。

事前にウェブページを見て、嗅覚でここだと感じていました。
http://otaru-market.com

hok2021.jpg

ぱっと見活気はありませんが、売っている商品を見ていれば一目瞭然。
地元の食材、地元の惣菜、地元の逸品が揃っています (*´ρ`*)

hok2022.jpg 
hok2023.jpg

そこでついに見つけた随一のお店、小樽中央市場 マルオ奥山商店。
http://otaru-market.com/shoplist/okuyama/

地物の珍しいお惣菜から地物の魚がリーズナブルなお値段でずらり!!

ここはまさに:..。o○☆宝の山や:..。o○☆

hok2024.jpg 
hok2025.jpg 
hok2026.jpg

しかも時刻15時でもこうしてお店が開いているのがとてもうれしいヽ(=´▽`=)ノ
あれもこれもと、今回の旅行の海鮮お土産枠すべてをここに突っ込みました!

北海道から関東や関西にモノを送る場合2日かかるので冷凍便を選択。
ちなみに送料は関東まで80サイズで1700円~くらいです。
80サイズで送れる量として、お惣菜数品と干物10枚分くらいは楽に入ります。

折角なので後日の映像を先にご紹介。
こんな感じに丁寧に包まれて届きます。

hok2031.jpg

ホッケはピンからキリまでありますが、ここのホッケは至高の縞ホッケで新鮮その物。
とても香ばしくいい香りで身も肉厚!ジューシーでめちゃくちゃ美味!!!
当たり前ですが、そこらのスーパーで買ったものとは味も香りも食感も格が違います。

hok2027.jpg

次にニシンの切り込み。

hok2028.jpg

酒好きには最高の肴になるんじゃないでしょうか。
小樽名物ニシンの成分たっぷりで脂身と旨味と甘味と塩味に溢れた美味しい珍味です。

そしてニシンの一夜干し。

hok2029.jpg

生ニシンが一夜干しされたもので、塩加減も絶妙です。
普通の干物も好きですが、一夜干しはよりソフトでやわらかく優しく食べやすく味わえます。

次に宗八カレイ。
肉汁たっぷり、身もホクホクなのにたった200円なので、
次回はもっともっと沢山買い占めようと思っています(*´ω`*)

hok2030.jpg

他にもつぼだいや本物の北海道シシャモ、石狩漬けなどなどこれからの
お楽しみが満載状態。
冷凍の良いところは二か月くらいならいつでも楽しめるところなんですよね (*´ρ`*)

追記:北海道シシャモ オス(本物)

sap217.jpg 
sap218.jpg

よくあるシシャモ風味も和束にうっすらとはするものの、身は若干水分を含んでおり
シットリとしていてやわらかく全く別の味。
身の質だけで言うなら川魚にも近いかもしれないが、全く癖は無い。
//


ちなみにこのお店、旅行ついでにはもちろんですが、電話注文もできるそうなので
興味ある方は地物のとびきり美味しいお魚やおススメのお惣菜を注文してみてはいかがでしょう?
http://otaru-market.com/shoplist/okuyama/


続く…

にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

リンク

ブログ内キーワード検索

最新記事

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

便利リンク集

エストレヤRS役立ちグッズ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック