グルメ 2013年12月 - エストレヤでマッタリ日記

エストレヤでマッタリ日記

カワサキエストレヤ(エストレア)99年式RSがメインのブログです! エストレヤの写真やメンテ情報に加えて旅の日記、キヤノンのデジタル一眼EOS7Dでの野鳥風景花撮影の記事なども。(※文書及び画像の無断使用、転載等はお断りします。Reprint is prohibited※)

 

エストレヤで京都旅行その2…稲葉山城 

朝6時起床。
001_20131127143528d50.jpg

最近のビジネスホテルは安くて快適ですね~。
一人3000円少しで清潔な部屋と個室風呂シャワートイレ完備はもちろん、
朝食ビュッフェ付き。

ゆったり支度を終えて8時過ぎに出発。
002_20131127145550475.jpg 003_20131127145551f75.jpg

目的地の稲葉山城目指して先ずは音羽インターへ。
004_20131127153522eff.jpg 005_20131127153524600.jpg
006_20131127153525b26.jpg 007_201311271535278f9.jpg

それなりに車は多めでしたがホテルから30分ほどで無事高速へ。
今回も事故渋滞があるもよう。
008_2013112715461607b.jpg

とりあえず新ナビに丸投げで走ってみたんですが、何やらややこしい道のりでした。
単純なルートならば、東名から名神一宮で降りればいいみたいですが、丸投げしたナビは
少しでも時短をすべくして名古屋高速へ案内してくださった模様。
009_201311271554447a3.jpg

東名名古屋から名古屋高速の上社、清須東から一宮ルートだったんだろうと思います。
休みなく走って、大渋滞な一宮には9時半頃に到着。
010_201311271556305c3.jpg

そこからは詰まっているらしい高速を降りて22号をひた走る作戦に移行。
途中コンビニ休憩をはさみつつ11時位に岐阜城付近へ。
011_20131127155956562.jpg

ロープウェーのある岐阜公園には11時15分に到着しました。
駐輪場無料!!
012_20131127163134602.jpg 013_20131127163137f20.jpg

早速素敵な紅葉がお出迎え。
014_20131127163225a07.jpg 015_20131127163354dd5.jpg

公園内は紅葉はもちろん、山内一豊婚礼の碑があったり
016_20131127164114dd5.jpg

菊人形の信長夫妻が展示されていたりも。
本当にベストシーズンですね~。
017_20131127164116e5f.jpg 018_201311271641178ea.jpg
019_20131127164119979.jpg 000_20131203213252888.jpg


更に奥にあるロープウェーへ。
020_201311271641205b0.jpg

休日だけあって行列ができるほどの混み具合。
021_20131127170046284.jpg

コインロッカーは大サイズが300円。
ここにバイクグッズを詰め込んで身軽になったら城を目指して出発!
022_20131127170230593.jpg

城主にちなんで木瓜、桔梗、二頭波頭の家紋垂れ幕が掲げられていました。
023_201311271706516b1.jpg 024_20131127170811eb7.jpg

山頂へは10分ほどだったかな?
稲葉山城、岐阜城の歴代城主。
てっきり土岐ナントカさん以降の城だと思ってたんですがかなり古い歴史を持つ城なのだそうです。
001_201312032200042d6.jpg

山城イメージだったので大変なのかとおもいきや、ロープウェーから先はそれなりになだらか。
002_20131203220518206.jpg 003_20131203220524c01.jpg

山頂も紅葉が見事です。
004_2013120322052746f.jpg 

そしてお城!
005_201312032205272e8.jpg 007_20131203220528e64.jpg

城内には各城主の肖像や天下布武の印章などなどやはり信長関連の展示物が多め。
それら展示物をみながら天守へ。
0051.jpg 

山頂の更に上からの眺めは格別な眺めでした!
006_2013120322104138b.jpg

その後資料館に寄ったりしつつ、井戸経由で展望レストランへ。
008_20131203221425ba8.jpg 009_20131203221427440.jpg

レストランからもこの通り、見事な眺め…でしたがこの日は快晴、
日差しがものすごく強烈でして、ブラインドは締め切るはめに。
030_201312032216074b4.jpg

さて何にしようかと、ここではあまり迷うこともなく信長土手丼に決定。
何でもB級グルメナントカで入賞したのだそうですが、確かにこれは美味しいです!
甘みのある名古屋風甘味噌仕立てのもつ煮込み丼ってところ。
010_2013120322142531e.jpg

お腹が満たされた後は、すぐ近くにある展望台へ。
今までの写真の中にも入っていると思うんですが、この日は航空自衛隊のイベントがあったようで、
時折編隊飛行がやってくるんですよ。
それを何とか取れないものかと粘った結果…

撮れた(〃▽〃)
011_20131203222446072.jpg

まぁ望遠じゃないので、アップは相方任せで…
0111.jpg

もう少し早い時間ならば真上飛んだりもしていたみたいなんですが、航空ショーは航空ショーで
今度参加してみたいなぁと思いました。

信長トイレを通過しつつのりばの方へ。
012_20131203222640623.jpg

相変わらずギュウギュウで上がってくるロープウェー。
かなり人気があるようです。
013_2013120322272363e.jpg

そういえば発掘作業が行われていて、その辺りの解説ツアーなどもあるそうで、
公園内には出土品が展示されている場所もありました。
0131.jpg 0132.jpg

見事な紅葉に名残惜しみつつ出発。
014_2013120322294968a.jpg 015_2013120322295336b.jpg
0152.jpg

ここからは名神目指してひた走ります。

写真からもわかると思うんですが、結構眩しいんですよね~。
むしろこの時期のほうが日光が刺さり込んでくる感があるのでサングラスは必須でした。
016_201312032235469f4.jpg 017_20131203223405d08.jpg

安ガソリンゲット!
018_2013120322340762d.jpg

美しい田園風景を眺めながら岐阜羽島へ。
電光掲示板を彩る渋滞の文字。
この時点で15時50分頃でした。
019_20131203223410d4f.jpg 020_20131203223409248.jpg

立ち寄ったPA、養老へは16時30分。
既に日が落ちつつあって寒さ倍増。
寒いな~休憩しようと停めて歩いていたら、なんとエスト発見!早速撮影~。
031_201312032243382dd.jpg

恒例のジャンボフランクを購入してエネルギー補充。
このフランクはほんと美味しいんですよ~。
確か新名神の方にも同じのがあるので年に数度ではありますがリピーターです。
022_201312032242081f6.jpg

ここを16時50分位に出発して、次のPAは黒丸。
023_20131203224730c2c.jpg

時刻は17時50分。
正直もう帰りたい。
いや今まさに帰ってるんだけどさっさと帰りたいの一心w
15分ほど休憩して再度出発。

結局合計で10キロ以上は渋滞に巻き込まれつつ、この後京都南の大大渋滞を回避すべく
18時40分、草津で降りて地道にチェンジ。
024_20131203224920ff6.jpg

そこから更に一時間程で天王町、京都動物園の辺りにたどり着きました。
ここまで来れば実家まではあと少しといったところ。
025_20131203225403521.jpg

とにかく強行したため腹が減っていたのでインドカレーアジャンタへ直行!
036_20131203230039685.jpg

アジャンタ特製とってもスパイシー辛い人参スープ。
既に減ってるけど。
033_20131203225911456.jpg

海老のカレー。
すでに減ってるけど…
034_20131203225914db4.jpg

自己紹介の通りインドカレーが大好きでして、少なくとも月1では食べているんですが、
私が食べた中でのナンバーワンのカレーがここ、京都芸大前のアジャンタにある
チキンティッカマサラカレーです。
既に減って(略
035_20131203225916d7b.jpg

チキンティッカマサラカレーとは王侯貴族のカレーと言われていて、
タンドリーチキンのカレーです。
それなりにオイリーではありますが、オリーブオイルのようなサラリとした感じの油で
サラサラとナンによく合い蕩けるように体内へと雪崩れ込んでいきます。

うん千円クラスの高級インドカレーから895円ナン・ライスおかわり自由まで色々食べましたが
ここのチキンティッカマサラカレーがナンバーワンです。

インドカレー好きな方で京都芸大前の方のアジャンタに行ける人は是非食べてみて頂きたいです。
尚、肉が入ったナン、キーマナンも肉汁あふれるその味は絶品です。

絶品ナンです。

ということで二日目終わり。

三日目は古知谷阿弥陀寺~比叡山の紅葉、そして廃墟となったスキー場の絶景などなどを
かなり時間掛かりそうですが…ボチボチまとめて行きますのでm(__)m


スポンサーサイト


にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤでツーリング

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 4

エストレヤで京都旅行その3…大原経由で古知谷阿弥陀寺へ 

大原といえば三千院や寂光院などが有名ですが、通好みの隠れた名刹が
ここ、古知谷阿弥陀寺です。
なんて言っていたんですが最近は割と有名になったようで、のっけから
観光バスの集団に遭遇しつつもやり過ごし…撮影。

001_201312052152269db.jpg 003_201312052157401d8.jpg

即身仏があることで特に有名なお寺でもあります。
000_20131206162208e8f.jpg

この写真を見て素朴に感じられる感覚そのままの、観光化していない静かな良い場所です。
紅葉もいい塩梅ですが、ここは紅葉よりも苔のある静寂な空間を楽しむ方がお勧めかも。
002_201312052154078e1.jpg

なんて知ったかぶっていますがここを訪れたのはうん10年ぶりなので、
なんかちょいちょい歩いたら階段があってお寺あったよなぁと思って歩いたわけです。
004_2013120523395725c.jpg

時折路傍に石碑があって、お墓ではなく記念モニュメントのような…
ここまでお参りに来ましたよ的な内容の物がぽつぽつ置いてあります。
005_201312052341311e3.jpg 006_20131205234135b39.jpg

微かに入り口の門?みたいなものが見える距離。
5分位歩いたんですが、お寺見えません。
007_20131205234137669.jpg

更に数分、癒される景色ですが、これはバイクのところまで戻って上がってきたほうが…
いや多分もう少しの筈だし。
008_201312052347350e5.jpg 009_20131205234736594.jpg

…最早戻るにもちょっと遠い距離、進むしか…
010_201312052347385e9.jpg 025_2013120616582840a.jpg


そろそろ寺見えて欲しい(切実)
011_20131205235006fd5.jpg 012_20131205235105793.jpg

と言った具合に人力で登っていきます。
しんどいと思う方はここまで車で上がってこれるので上がってきましょう。
013_201312052352250e3.jpg

しかし森林浴を楽しみ路傍の苔などを見て癒されるにはゆっくり歩くのもいいと思います。

ようやく階段下へ到着!
014_20131205235512dc2.jpg 015_201312052357149ee.jpg

016_20131206000013110.jpg 

階段の途中、天然記念物の楓の木がそびえていました。
018_20131206000310f0a.jpg 019_20131206000824c72.jpg

前方右側の建物下が拝観受付です。
拝観料は大人一人300円、駐車場無料!
ここは絶対に価値あるお寺だと思うのです。
017_2013120600092260a.jpg

早速拝観順路、中庭の方へ。

020_20131206001305cc0.jpg 0002.jpg 

何だか神々しい感じの写真も撮れてたりw
022_20131206001309525.jpg

本堂や付近にある宝物殿?には色々当時の皇族貴族、門跡の遺品や由来の品なども展示されていました。
024_20131206165829025.jpg

026_201312061702439cc.jpg 027_20131206170245078.jpg

そしていよいよ、即身仏のある石窟の方へ。
028_20131206170247765.jpg

ところがこの日は公開されていなかったようで…
しかし石窟内は水の滴る、蝋燭の灯のみで照らされたなんとも言えない空間が広がっていて
面白い…と言っていいのかどうかはわかりませんが、そんな場所でした。

いいお庭というのはだいたいどう切り取ってもいい感じの眺めですね~。
030_201312061707449f9.jpg 029_2013120617074382e.jpg

時間も忘れて何枚も撮影してしまいました。
031_201312061714497a5.jpg 036_20131206171633f86.jpg 
032_201312061714519f1.jpg 033_20131206171454d42.jpg
034_201312061714572a2.jpg 035_20131206171456c5f.jpg 

周囲を彩る山野草も又良いですね~。
主張をしすぎない、出しゃばらない奥ゆかしさのある上品な美があるように思います。
037_201312061718022c6.jpg 038_20131206172146321.jpg

行きは歩きだったので…
039_201312061728134bb.jpg 040_20131206172818a2a.jpg 

もちろん帰りも歩きで。
041_20131206172821c40.jpg

お陰で色々撮れたというべきか何というか、歩いた価値有りでした。
042_201312061728215ab.jpg 043_20131206172821faa.jpg

無事麓に到着。
044_20131206172830e52.jpg 


しかしこれらの景色、バイクだったらバイクごと撮れたんじゃぁないのかと。
045_201312061820462bf.jpg

写真だったら十分撮っただろう?
いやいやバイクの写真はまだ撮ってないわけじゃァないのかと、
言うわけで…

以下当ブログの本題、エストレヤの写真でございます。
046_20131206182129b59.jpg 047_20131206182133906.jpg
049_20131206182137893.jpg 
048_20131206182139ae6.jpg 050_201312061821396e2.jpg 

051_201312061823018fb.jpg 052_20131206182304eca.jpg
053_20131206182309908.jpg 054_20131206182308345.jpg
055_20131206182309503.jpg

056_20131206182359f44.jpg 057_2013120618235446c.jpg
058_20131206182355dba.jpg 059_20131206182357414.jpg
060_20131206182359095.jpg

061_20131206182442900.jpg 062_20131206182444a2f.jpg
063_20131206182446eb5.jpg

奥ゆかしさとは一体何だったのかはさておいて、比叡山へ続く…




にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤでツーリング

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

エストレヤで京都旅行その4…八瀬ケーブル~比叡山の紅葉 

古知谷から一路戻って八瀬のケーブルへ。

戻る、というのは花園橋→八瀬→大原→古知谷→途中越え琵琶湖方面な位置関係にあるので
先ず目的地としては最奥にある古知谷に行ってから八瀬、比叡山に登ろうって
計画だったためです。

大きな地図で見る

ところで八瀬のケーブルと言ってもこれまた10年以上訪れていない場所なので
駐車場があるのだか無いのだかその辺りの情報が無いまま突入。

001_20131209102227dd4.jpg

駐車場は800円の模様。
しかしバイクは…?
002_20131209102231438.jpg

更に進むと叡電八瀬駅があり、どうやらその裏手に駐輪場がある様子。
尚ケーブルカー前には駐車場駐輪場とも無さそうです。
003_201312091022317b8.jpg

004_20131209102543a14.jpg
無事駐輪完了!

ここからは徒歩であれこれ撮影しながら観光開始。
叡電八瀬駅横を通り、ケーブルの方へ。
005_20131209102544cb7.jpg

紅葉具合、程々に宜し。
006_20131209103656841.jpg 007_20131209103658779.jpg
008_2013120910370382b.jpg 009_20131209103703240.jpg

なにはともあれ腹ごしらえということで、あざみさんへ。
猪鍋がメニューに有るようだったのですが、昼時は鍋物やっていなかったようで…残念。
010_2013120910370247e.jpg

ひとまずおそばを注文。
011_20131209104152d49.jpg

すみません…一瞬気づくのが遅くちょっと食べちゃったので見栄えがアレに。
尚、鮎は本来二本、びしーっと入っております。
012_20131209104154cf3.jpg

素の美しさはこれを見て頂いて類推していただくとして。
013_201312091041565b1.jpg

しかしですね、私が思わず食うというのはアジャンタでもそうだったように、
美味い印でも有ります。
エストレヤに例えるなら思わずトリップメーター回す前に走りだしてしまう程に
調子のいいご飯だったと、そういう例えは難しそうですが、ともかく、
ここのおそばはなかなか美味しかったです。

鮎そばは甘露煮に近いものがおそばの上に乗っているわけで、果たしてこれは
美味いのかと少々不審だったのですが、考えてみればニシンそばがそうであるように
甘く炊いた魚とおそばが合うのは必然、そしてこの鮎が又美味いので新たなる味の発見でした。

なおここのお店、お水は比叡山の湧き水なのだそうで、これまた美味しい。
水が美味しいから一層料理も美味しいのかもしれません。
天ぷらそばもガチ旨です。

腹ごしらえの後は、陽も出始め絶好の撮影日よりの中ケーブルへ。

014_2013120911493927e.jpg 
015_20131209114941b78.jpg 024_201312091149435b7.jpg

値段はこんな感じ。
016_20131209115017e5a.jpg

発車までまだしばらくあったので、あたりの見事な紅葉を撮影。
018_2013120911510250a.jpg 019_20131209115103790.jpg
020_2013120911510429c.jpg 
021_201312091151181c6.jpg 022_20131209115120f3a.jpg 

やがてケーブルカーが到着。
023_20131209115120fa2.jpg 
025_20131209115404d54.jpg 026_20131209115406f7b.jpg

最前列撮影ポジション!
窓が綺麗なのはきっと観光客のために綺麗にしているんだろうなぁと感心。
普通の車輛では窓越しからこんな綺麗には撮れませんし。
027_201312091155363f8.jpg

出発~!
028_20131209115829ec0.jpg

八瀬ケーブルといえば親に連れられて山頂の遊園地に行くのに乗ったり、遠足で乗ったり、
或いは山頂のスキー場に行くために乗ったりもしましたが、こんなにいい景色が見られるとは知らず。
まぁ大体子供時代なんてのは紅葉やらには感心無かったりもしますしね。

それではしばし、山頂までの景色をお楽しみください~。

001_20131209135328370.jpg
002_20131209135330cba.jpg
003_20131209135333abf.jpg
004_2013120913533564d.jpg
005_20131209135336671.jpg
006_201312091353478f4.jpg
007_201312091353508fc.jpg
008_20131209135352a42.jpg
009_20131209135355b0b.jpg
010_201312091353559c5.jpg
011_20131209135405f14.jpg
012_20131209135406f34.jpg
013_20131209135407d9f.jpg

ここから山頂へは更にケーブルカーに乗り換えます。
014_201312091354087e0.jpg


つづく



にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤでツーリング

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

エストレヤで京都旅行その5…比叡山山頂、スキー場の廃墟など 

山頂へは、ケーブルカーからロープウェーに乗り換えます。
時刻は13時半。
001_20131211191136179.jpg

景色はとっても良いんですが…高所が苦手なもので足元がじわ~んとしますよ。
002_201312111911398a0.jpg 
003_201312111911419f4.jpg 004_20131211191141a63.jpg

山頂到着!
尚山頂は待合室にストーブが焚かれていて、そこから離れがたいほどに寒いです。
005_20131211191243839.jpg 006_20131211191245da1.jpg

何やら眺めのいい場所があるとかで、つつじヶ丘だったか何だったか、
ともあれそこを目指すことにしました。

ルートは距離が短く道が険しい山ルートと距離は長いが道がヌルい平地ルートがあったので
とりあえずは平地ルートを選択。

007_2013121119134563f.jpg

約15分歩いたところで旧スキー場跡が見えてきました。

比叡山スキー場、学校の授業でも訪れたしレジャーでも訪れたスキー場の廃墟が
とても綺麗だったので、沢山撮影しました。
008_20131211191556f70.jpg 009_2013121119155892d.jpg
010_20131211191600c4d.jpg 011_201312111916018b7.jpg
012_201312111916037e3.jpg 

場所が場所だけに荒らされることも少ないようで、綺麗に残っています。
013_201312111917290ca.jpg 014_20131211191731781.jpg
015_201312111917338a7.jpg 016_20131211191734b6f.jpg
017_20131211191736e21.jpg 
018_20131211191852f99.jpg 019_2013121119185306f.jpg
020_20131211191855e2c.jpg

リフト乗り場。
021_2013121119185837f.jpg 022_20131211191859e97.jpg
023_20131211191952308.jpg 024_20131211191956d23.jpg
025_20131211191956250.jpg

廃墟と化すのは残念なことですが、しかし景色としては自然で静かで落ち着いていて穏やかな、
特有の美が感じられる場所でした。

スキー場を通り抜けると看板があって、トレイルコースなんですかね、
最近流行っているのだとか。
026_20131211192218544.jpg

更に進んでつつじヶ丘へ。
027_20131211192312534.jpg

このような場所を荒涼と表現するんでしょうか。

028_20131211192313747.jpg 029_20131211192314b68.jpg
030_20131211192316a4b.jpg 031_201312111923177e2.jpg

とても静かな雄大で開放感がありつつも少し寂しいような景色、
普段は感じられない異国のような壮大さもあって面白い場所でした。
032_2013121119284028f.jpg

この後、ロープウェー降り場付近にある美術館へ向かうには先程の平地ルートと
山ルートとがあるわけですが、折角だから山にチャレンジしてみようということで突撃!

033_20131211193004a1a.jpg

本当に山でした。
034_20131211193010d02.jpg 035_20131211193009dbb.jpg

これ熊なんだかイノシシなんだか何者かが木につけた傷跡まで。
036_2013121119301233f.jpg

しかしおっさんの体力でもどうにかなるレベル。
ダイエットしておいて本当によかったなと思いつつ山道終了。

037_20131211193011ff0.jpg

これもリフト跡かな?
038_20131211193022d57.jpg 039_20131211193024b4c.jpg 

京都市内からも見える電波塔。
040_20131211193027a89.jpg 041_20131211193028a33.jpg

14時15分、美術館前に到着~。
042_20131211193030920.jpg

ところでこの美術館、美術館というのだから室内なんだろうと、
この寒空の中期待していたんですが…屋外です。
043_201312111935089ce.jpg

モネの絵画をモチーフとした庭園型美術館だそうで、景色もとても良し。
とは言え季節が季節なだけあって、多少の簡素さは否めませんが見晴らしもいい。
044_20131211193511c7a.jpg 045_20131211193514f12.jpg
046_20131211193514e10.jpg 047_201312111935159b9.jpg

そして素晴らしい、室内がある!
048_20131211193736dc7.jpg

飲食できる!!!
049_20131211193737543.jpg

英気を養い再び外へ。

ところでこのカメラレンズ(シグマ 8-16mm)、超広角だからそりゃもう
風景用でしょうと思ってたんですが、なんだか接写のが一層いい絵撮れるような。
050_20131211193858a29.jpg

そういえばバイクを撮影するときも一々離れなくても全景入るし、これはなかなか使いやすくて
良いレンズを引き当てたなぁと。

ただ…猫の撮影には向かないのか、今回、上手く行きませんでしたが。

さて、少し脱線しましたが、絵画を眺めつつ今度はお隣の庭へ。
051_2013121119390073d.jpg

こちらもなにかの絵画モチーフの庭園な模様。
052_201312111939059eb.jpg 053_201312111939049a0.jpg

奥には雑貨、おみやげ屋さんがあったので、自宅用にドレッシングや絵葉書などを購入。
054_201312111939049e8.jpg 055_20131211194608848.jpg

15時30分、山頂をタップリ堪能して再びロープウェーへ。
滞在二時間でしたが暖かければ、お弁当を持ってのんびりピクニックに来ても楽しそうです。
056_201312111947066f9.jpg 
057_201312111947450ae.jpg 058_20131211194747744.jpg

ケーブルカー乗り場。
059_201312111952113ff.jpg

060_20131211195213461.jpg 

一路下って…
061_2013121119521582d.jpg 062_201312111952178c1.jpg 

麓に到着。
064_201312111954158d4.jpg 065_20131211195416551.jpg
063_20131211195219e97.jpg

夕暮れ時の、これ又見事に色づいた紅葉の中を八瀬駅の方へ。
066_20131211195502116.jpg 067_20131211195502db7.jpg
068_20131211195509d50.jpg 069_20131211195508b95.jpg
070_20131211195510f11.jpg 
071_201312111956034c6.jpg 072_20131211195602f43.jpg
073_2013121119560525e.jpg 074_201312111956049ce.jpg

八瀬駅到着~。
075_20131211195658579.jpg 076_20131211195659f5b.jpg

おまたせエストさん。
077_20131211195725b0f.jpg

この後レッドバロンへ。
前から時折ハイビームが点灯しないことがあって、しかし何度か試していると点灯したので
たまたまだろうと思っていたんですが、先日ついに点灯しなくなっていた為修理。

ガイラシールドの際に外したので自前修理もできますが、面倒だったので丸投げ。
工賃含めて1500円とリーズナブルに、無事仕上がりました。
078_20131211195814116.jpg


つづく



にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

エストレヤで京都旅行その6…紅葉の高台寺 

この日はお墓参りの為、東山にある高台寺へ。
001_20131222174513bcd.jpg 

八坂のあたりにあるローソンはこんな感じになってます。
002_20131222174514a20.jpg

003_20131222174515562.jpg 
鳥居をくぐって坂の上。
006_20131222190830e62.jpg 004_2013122217451788d.jpg

駐車場に到着。
車でなければバーが上がらないので隣にある二輪通路を通過して入ります。
001_20131222172056c87.jpg 002_20131222172104cc3.jpg
墓参りに二輪で乗り付ける人はあまりいないだろうと思うんですが、
ひとまず駐輪完了。

檀家は一時間無料ですが水塔婆500円なので実質同じ(?)

ともあれ、早速お墓の方へ。
高台にあるので東山一望…とまでは行きませんが、なかなかいい眺めです。
003_20131222172101d7c.jpg 004_201312221721059b8.jpg 
005_20131222172105c45.jpg

いい塩梅に色づいた紅葉の中を邁進。
006_20131222172117fd4.jpg 007_2013122217212070d.jpg
008_20131222172124b20.jpg 009_20131222172124123.jpg
010_201312221721261a8.jpg 011_201312221724312e9.jpg
012_201312221724346d2.jpg 013_201312221724384ee.jpg

お寺が豊臣家の菩提寺なので、豊臣の家紋が入っています。
005_20131222174520f78.jpg

受付で水塔婆と駐車券をゲット。
014_201312221724378df.jpg

ひしゃく、バケツ、箒を仕入れて奥へ。
015_2013122217243802c.jpg

…と言う順番で撮影していたわけでもないんですが、まぁそこは
読みやすさ優先工作と言うことでw

この奥が観光ルートで茶室などがあるんですが、流石、見事な紅葉です。
今回の旅行で一、二を争うほどの紅葉が撮影出来ました(〃▽〃)
017_201312221726239b1.jpg 
018_201312221726298c8.jpg 019_20131222172631fa6.jpg

お墓のところにあった大樹の紅葉もそれはもう見事でして…
だから、というわけではありませんが、今回はかなりゆったりとお墓参りを楽しみました。
020_20131222172634b61.jpg 021_201312221726336bb.jpg
022_20131222172838b09.jpg 

再び駐輪場。
ここからの眺めの塩梅も結構気に入っています。
023_20131222172840d6c.jpg

さてここから清水寺へ行くか、寺町へ行くかと迷ったのですが…
007_2013122219120803a.jpg

12月に信長の野望の新作が公開されることもあって、それなら本能寺行ってみよう!
ってことで寺町の方へ方向転換。

隠れローソン発見w
008_20131222191421453.jpg

八坂神社経由、祇園~四条河原町へ。
009_20131222191542f33.jpg 
010_20131222192426403.jpg 011_20131222210916ccd.jpg
012_20131222210918663.jpg 013_201312222109197d3.jpg

しかし寺町って駐車場あったっけかなぁ…
不安を抱えつつ寺町へ。


続く。





にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤでツーリング

thread: 国内旅行記 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 4

エストレヤで京都旅行その7…本能寺信長公廟~鞍馬貴船ツーリング 

駐車場さえ確保したら、後は歩くだけ。

031_2013122316333335e.jpg

藤井大丸で食器を眺めたり、西京極で服やバッグを物色したりしつつ徐々に北上し、
本能寺に到着!
いままさに信長の野望 創造をプレイしているところですが、この旅行では期せずして、
今川義元、斎藤道三、織田信長、豊臣秀吉ゆかりの地を巡る旅ともなりました。

032_20131223163336138.jpg 033_201312231633380ee.jpg 

先ずは本堂にお参りしてから信長公廟へ。
060_20131223163802cde.jpg 034_20131223163341e96.jpg 

隣には森蘭丸のお墓もあり、又多数の本能寺戦没者も祀られています。
ここでは水塔婆をあげる事もできるのだとか。

035_20131223163340b54.jpg 036_20131223164118cf2.jpg

それにしても、この本堂、戦国無双に出てくる本堂まるきりそのもの…って
それは当たり前なんでしょうけどねw

037_20131223164120205.jpg

先ほどの門の写真に看板があると思いますが、ちょうど境内の資料館では本能寺の変当時の
遺物が公開されていたので、当時の焼け残った茶器や刀、その他茶釜や狩野派の仙人屏風などなど
多数の展示物を観覧することができました。

たっぷり歴史探訪をしたあとは上島珈琲で一休み。
千葉の家の近くにもあって、黒糖コーヒーが気に入っていたんですが
閉店してしまっていたので久々でした。
038_20131223164121578.jpg

寺町堪能の後は、再びバイクに跨って一路鴨川縁を北上。
ついこのあいだとんでもない水量になっていたようですが、いまはその痕跡もなく平穏な流れ。
015_20131223165052053.jpg 016_20131223165053566.jpg

ふと、撮影に良さそうな場所を見つけたのでバイクを止めて撮影。
017_201312231650552c4.jpg

お気に入りの写真が撮れました(〃▽〃)
61.jpg 040_20131223165033734.jpg
041_20131223165035d53.jpg

この後さらに鴨川を北上して一旦帰宅…

018_2013122316555763e.jpg

…したわけですが、そういえば以前、鞍馬の木の芽煮を食いのがしていたなと思いだして、
だったら土産購入ついでに紅葉の写真も撮れれば一石二鳥じゃないかと思い立って再出発!

019_201312231700008d7.jpg

以前は宝ヶ池から鞍馬方面へって言うと旧道しか無くて狭かったのですが、
今は整備されていて途中までは広い道。
020_20131223170003b7e.jpg 021_20131223170004fc8.jpg

でも10分も進めば道も狭くなるのでこうも詰まってくるわけですが…
この時はちょっとした工事渋滞でした。
022_20131223170007a8a.jpg

更に山の方へ。
023_20131223170008008.jpg 024_201312231700256eb.jpg

12月2日から通行止めの表示。
025_20131223170027f7e.jpg

やはり山の方だけあって、しかも日が落ちつつある中寒さが増殖。
ささっと木の芽煮を仕入れて撮影モードへw
042_20131223170643eab.jpg

鞍馬寺前での一枚。
猛ダッシュで撮影した一枚ですが、なかなか面白い画になったのでとてもお気に入りです。
043_20131223170811c8f.jpg

しかしここには駐車場が無い…ことはないんですが、500円するのでそそくさ出発。
ちょいと5分ほど、道を戻って分岐を貴船方面へ。
026_2013122317104561e.jpg

貴船神社前にて。
044_20131223171156eb8.jpg 045_20131223171159d16.jpg
046_2013122317120061c.jpg

案外、人が多くてですね…ガチで撮影するなら早朝じゃないと駄目かもしれません。

そこで奥の宮ですよ。
先ずは森に駐輪させて頂きお参りに出発。
051_201312231715436eb.jpg

047_201312231733068cd.jpg 
048_20131223173309e0c.jpg 049_20131223173311c35.jpg
050_2013122317331295a.jpg


奥の宮には御船形石があって、航海安全ということで、二輪にだってご利益があるに違いない
ということ去年頂いていた石を返納してのお礼のお参りを済ませ…撮影会開始。

052_20131223173226381.jpg 
053_20131223173229de3.jpg 054_201312231732314fc.jpg

おかげさまで無事に帰宅出来ました。




にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤでツーリング

thread: 国内旅行記 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

リンク

ブログ内キーワード検索

最新記事

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

便利リンク集

エストレヤRS役立ちグッズ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック