グルメ 2017年06月 - エストレヤでマッタリ日記

エストレヤでマッタリ日記

カワサキエストレヤ(エストレア)99年式RSがメインのブログです! エストレヤの写真やメンテ情報に加えて旅の日記、キヤノンのデジタル一眼EOS7Dでの野鳥風景花撮影の記事なども。(※文書及び画像の無断使用、転載等はお断りします。Reprint is prohibited※)

 

ウインカーがボキッっと逝ったので…エストレヤのフロントウインカー交換 

ついこの間バイクカバーを新調したんですが、このカバー、
厚みもあって生地も大変しっかりとしておりとっても良いんです。

3Lならガイラシールドと左右にサドルバッグをを装着しててもきっちり入るので
商品として◎でおすすめできます。




しかし生地がしっかりしているということは即ちパワフルなんですよね。
柳がしなやかにしなると言うなら、樫の木は重厚にダイレクトに衝撃を伝える質量を誇るとでも言うべきか…

さらに替えたばかりで慣れなかったため、少し引っかかったカバーを引き絞ったところ、
引き絞られた生地がウインカー部分をギリギリと締め上げまして、経年劣化でボロボロだった
ウインカーがヘナっ

001_20170614185526a78.jpg


しかしこれならまだ、まだ何とか…テープを巻けば治るだろうと、
テープをギューギューに巻いて締め上げましたところボキッとなって
この度交換せざるを得なくなりました…ヽ(´ー`)ノ

002_20170614185528ae9.jpg


ところが
一言にエストレヤのウインカーと言ったって、何を買えば良いのか分からない。

純正ですと、一個2500円位なさいますので流石に高い。

かといってAmazonで探してみるとこれまた微妙にデザインが異なる怪しげなウインカーがごろり。
そこであれやこれやと探したところ、これを発見!



見た感じも大体同じですし、99年式みたいな昔のエスト対応のギボシ端子。
大体一個1000円なのでまぁ安すぎず高すぎずってところです。

これでひとまず材料だけは揃ったんですが、果たしてウインカー交換って可能なんでしょうか?
調べてみると、非常に分かりやすいサイトを発見。

http://estist.blog.shinobi.jp/エストレヤ/イナドメウインカー取り付け!

そこで、とりあえずそのサイトを参考にしてできるところまでやってみることにしました。

先に結論から言うと、フロントウインカーの交換は、
ライトネジの位置と、ライトは回し引き抜いて外すこと、後はギボシの引っこ抜き&
パワーで捻じ込むことさえできれば簡単にできます。

と、いうわけで、まずは大事なネジの位置はこれです。
左右一個づつ。

003_20170614190025b23.jpg004_201706141904303a5.jpg

これを車載工具のドライバーで外そうと思ったら、何故かネジ山が入らなかったので
別途ドライバーは用意しておいた方が良いかもしれません。

さてネジを外したからと言って急いで引っこ抜いてはいけません。
というのもここにライトステーのが引っかかっているので…

005_20170614190814aff.jpg

その方向に回してかみ合わせを合わせてから引き抜かないと、最悪バキッと行きます。
私はメキッっとまでは言わせましたがぎりぎりセーフ。

次はウインカーライトの脱離。

006_2017061419114058f.jpg

これは車載工具の14モンキーレンチがあれば簡単です。
ひとまず回して緩めれば準備完了。

こんな感じです。

007_20170614191312ee9.jpg

次はヘッドライト内のごちゃっとした線の中からどれがこのウインカーのものなのかを探るために、
複数あるコンセントの中から目当てのコンセントを探し当てるためにこう、手繰って引っ張って
動くやつを探すみたいな事をやれば良いわけです。

すると結構簡単に見つかるので、探り当てたら外すわけですが、そう簡単には外れない。

008_20170614191453675.jpg

なので、この水色のカバーみたいなのの付け根をプライヤーで挟みまして、
逆側は交換するのでちぎれてもいいやくらいのノリでギューーーッ!!と引っ張ったら
スポーンと抜けました。

少なくとも水色のカバー、金具のところをしっかりと挟めば大丈夫なんじゃないかとは思うんですけど
結構硬い為、断線リスクを恐れるならバイク屋へ。

007_20170614191312ee9.jpg

抜いたら後は、スルスルと古いウインカーを引っこ抜き、新しいのを差し込んでいきます。
ウインカー裏のナットやゴムを無くさぬよう抑えながら引っこ抜き、再びナットとゴムに通します。
その後、ライト裏へスルスルと。

ライト裏って結構大きな穴が空いているので、少し身体を屈めて覗き込めば簡単に差し込めると思います。

010_20170614192858c50.jpg

幸い、購入した新しいウインカーと、旧ウインカーの配線の色が同じ(黒側と灰色側)なので
差し込み位置を確認するところまでは簡単に。

ところがこれ、コンセントのようにスポットは入ってくれないので、
根本と根本を摘んでギリギリとねじ込んでいくようにして入れていく感じでした。

この辺もプライヤーでやれば良いのかもしれませんが、とりあえず自前のピンチ力で
どうにかねじ込み無事装着。
ひとまずヘッドライトをはめ込み、回しておきます。

ここまでくればもう終わったようなもので、後はナットで調節しながら新ウインカーの位置、
向きを調整して締めます。

012_20170614193815772.jpg 011_20170614193553a3c.jpg

そして、点灯チェックOK!

013_20170614194518a34.jpg

後は最後にカバーのネジをぎゅっと締めれば作業完了。
今回、ネジの緩めと締めには非常に便利なこれを利用。



014_201706141947290b0.jpg

一人でやって、30分程度の作業でした。

左が新で右が旧。
見映えについても恐らくデザイン的な見分けはつかないだろうと思います。

016_201706141955171c9.jpg

というわけで、ボキッと逝った一個目の交換は無事終了しました!
残りのひび割れ軍団は…またその内に。


↓そのうちが来てしまった記事はこちら↓
エストレヤのリヤウインカー交換とエストレヤカレンダーの制作!

スポンサーサイト


にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: エストレヤRSのある生活

TB: 0    CM: 0

リンク

ブログ内キーワード検索

最新記事

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

便利リンク集

エストレヤRS役立ちグッズ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック