グルメ 2019年03月 - エストレヤでマッタリ日記

エストレヤでマッタリ日記

カワサキエストレヤ(エストレア)99年式RSがメインのブログです! エストレヤの写真やメンテ情報に加えて旅の日記、キヤノンのデジタル一眼EOS7Dでの野鳥風景花撮影の記事なども。(※文書及び画像の無断使用、転載等はお断りします。Reprint is prohibited※)

 

復興割りで行く北海道旅行の初日登別~ハプニングと鬼~ 

定期的に訪れている北海道ですが、今回はふっこう割があるということで、
普段はあまり行かない冬の時期にこそ行ってみようと申し込みをしてみました!

道東流氷タンチョウヅルプランから温泉から色々なプランがあったわけですが、
今回は札幌に住んでいるビジネスパートナーとの会合がメインなところもあって、
旅行はあくまでそのついでというポジションで巡ってまいりました。

先ずは初日、羽田空港へ。

さてこの日は2月25日でした。
2月25日…そう、中央線停電事故があった日です。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6315104

中央線の停電、遅延の影響は周辺の交通機関へも波及。
28万人の足に影響があったと言われているわけですが、その28万人の中の一人が私。

お家に帰るまでが旅行というけれども出かけて早速のハプニングというのも厄介なもので、
京成で羽田まで向かっていたんですがもう特急なのに各駅停車。
各駅停車どころか駅ですらない場所でも信号停止に前方電車渋滞やらで停止停車。

実は以前水どう祭りで北海道旅行をした際にも電車遅延でぎりぎりだった経験があり、
今回も一時間早めに行動していたのが幸いでして…二時間かけてたどり着きました。

hok001.jpg

時間が惜しかったので、食事は適当に空弁。

hok002.jpg

そしてサクッと到着北海道!
ところで2月25日の北海道と聞いて、一般にはどのようなイメージがあるでしょうか?

辺り一面の雪の中分厚いダウンジャケットで完全防寒をした人たちが行きかう…
美しさの中にも厳しい寒さのある、多分こんな場所をイメージする人も
多いのではないでしょうか。

hok003.jpg

ところが千歳空港に降り立ってみると、なんというかもう暑い。
今年は雪が非常に少なかったらしくて、地面にはほとんどありません。

hok004.jpg

下調べでスキーウェアモコモコの奴はニワカと耳にしていたので
モコモコダウンジャケットからワンランク下げたロングコートにしていたものの…
それでも汗ばみながら、コートを小脇に初日の目的地である登別へ。

道南バスの窓口で切符を買って、はやぶさ号というバス一本で行けます。

hok005.jpg

確かに雪はあるんだけれど、コレジャナイ感。

hok006.jpg 
hok007.jpg

時折見られる希少な(?)北海道らしい景色を楽しみつつ

hok008.jpg

登別に到着。

hok009.jpg

そして鬼を発見。

hok010.jpg

とにかく登別は鬼を推しているようで、町のいたるところに鬼が飾られたり祀られたりしています。

hok011.jpg 
hok012.jpg

ホテルにまで鬼が鎮座している、しかも怖い。

hok013.jpg

ところで登別と言えば温泉ですが、温泉以外に何があるかと言えば…
先ず名前が挙がるのが地獄谷。
もう一つがクマ牧場、伊達村、倶多楽湖辺り。

ところが…飛行機の時間が13時35分。
はやぶさ号が13時50分発の登別到着が大体15時。

クマ牧場も伊達村も冬季は16時閉園なので荷物、チェックイン、それからの移動を考えると
駆け込むわけにも行かないタイミング。

だったら翌日翌朝巡ろうかと思いきや、チケット販売は8時半からで、
札幌直行バスは9時40分発を逃すとJRまで移動するか高速バスを乗り継ぐかの二択。

hok019.jpg

あと30分か一時間あればなぁ…

特に翌朝の札幌直行便はもう少しなんとかならんのかなぁと思いつつ、
鬼や土産物屋を眺めながら閉園時間のない地獄谷へ。

hok015.jpg 
hok014.jpg

その地獄谷すらほんとは橋の向こうまで行けるはずが、工事中…

hok016.jpg

登別の冬は違う意味で厳しい環境にあります。
じゃぁ人がいないのかっていうとけっこういるんですけどね…
主に外国人だらけですが。

hok017.jpg

それらしい雪道を見つけて楽しみつつホテルに戻って温泉へ。

hok020.jpg

温泉は鉄泉や塩泉など複数のものを一通り、たっぷり浸かって
英気を養った後はディナー。

ホテルのディナーはビュッフェスタイルで、目玉はステーキと焼き立てバームクーヘン。

hok023.jpg 
hok025.jpg

お肉はやわらかいし、いい風味で確かにとっても美味しく、バームクーヘンも
流石焼き立てのフレッシュな味わいがグッド。

hok021.jpg

そして個人的にうれしかったのがニシンのマリネや焼き物。

hok024.jpg

ニシンを食べると北海道来たーって感じがするんですよね。
その他おでんや点心、お寿司があったりと色々なメニューがありました。

hok026.jpg

そして本日の〆はコンビニで仕入れてみた夕張メロンワイン。

hok027.jpg

物凄くおいしいかと言われると疑問ですが、メロン風味がかなり強く味わえるので
面白いワインでした。

二日目へ続く…


スポンサーサイト


にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

復興割りで行く北海道旅行二日目@海鮮~小樽中央市場~ 

登別グランドホテル二日目の朝ビュッフェ。

基本和食派なので焼ニシンを中心に、自家製イカの塩辛や
焼き立てがうれしい厚焼き玉子とご飯を選択。

hok2001.jpg 
hok2002.jpg 
hok2003.jpg

先日の記事でも書きましたが、札幌行きのバスが微妙な時間なので
入園して見て回る時間はないけど売店くらいは覗いてみようって事でクマ牧場へ。

険しい階段…

hok2004.jpg

休止中のリフトをにらみながら階段を上り、クマ看板へ到着!

hok2005.jpg 
hok2006.jpg

広々とした駐車場があり、その先に上って行くゴンドラが見えます。

hok2007.jpg

時間があれば絶対行きたかったんだけどなぁ…せめてあと30分、いや一時間あれば。
売店には巨大なヒグマのはく製があったり、色々なクマグッズがあるので
色々購入してバス乗り場へ。

hok2008.jpg

バス乗り場は発車5分前にはこの状況なので早め行動が重要です。
尚並んでる人の9割が海外勢でした。

hok2009.jpg

札幌駅へはバスで一時間半程。
そこから先、今回は復興割り特典でJR札幌小樽間のタダ券と、
北のグルメ亭昼食券がついていたのでそれを使うことに。

北のグルメ亭は有名な場外市場付近にあります。
この市場街への最寄り駅は地下鉄で言うと二十四軒ですが、
JRの場合は桑園駅。

hok2010.jpg

市場街へは徒歩で、二十四軒からは10分程度、桑園からは15分程度かかります。
路面状況は通行する場所にもよりますが、表通りの車道は除雪されてますが…

hok2012.jpg

一本裏通りだとこんな感じ。

hok2011.jpg

いずれにせよ歩道は雪が多く、溶けた雪が水たまりになっていたりもするので
防水系のブーツがおススメです。

今回の旅では愛用している

アビレックス(AVIREX)


で行きましたが流石はバイク用、アイスバーンでズルっと滑った一回以外は
危なげなく、浸水もゼロで快適に行けました。


場外付近という事で、先ずはおなじみ丸果ビルへダメもとで訪れてみました。

hok2014.jpg

//
※地物がリーズナブルに買える一押しの海鮮市場、さっぽろ朝市(丸果ビル)の記事はこちら。
http://estrella99.blog.fc2.com/blog-entry-441.html
//

hok2015.jpg

ダメ元っていうのは朝市なので、たどり着いた時刻
午後12時20分には当然閉店…しかも翌日水曜は休業日('Д')

旅行前にその事実を知った時には、詰んだ、今回の北海道の海鮮土産は詰んだのだ!
と絶望したものです。

それはともかく、まずは昼飯を済ませてしまいましょう、グルメ亭へ。
クーポンのままだと海鮮丼だったのですが、金券としても使えるとのことだったので、
ここは北海道らしいメニューを頼みました。

イクラ丼、そしてウニいくら丼!

hok2017.jpg 
hok2016.jpg

味はとっても美味しいし、ボリュームも大。
大盛じゃないのに大盛りのボリュームがある。

ただし…これは総合的バランスで考えるのが間違いなのかもしれませんが、
画像ご覧になって分かる通り、いくらの層が薄い。
2000円のいくら丼と3200円のウニいくら丼って考えると…
海鮮丼のがバランスは良かったのかもしれません。

ちなみにご飯はゆめぴりかなど道産米をブレンドしたお米だそうで、
めちゃくちゃ美味しいので味に不満は無いんですけどなんかちょっともったいない感じでした。


私が場外(観光)じゃなくて丸果(地物)を推すのはつまりそういうところなんですよ。
飯もそうだし土産もそう。

品質は悪くないけどお値段が1.2~5倍換算になってくる。
それよりも飾り気のない地元の人が行くところをめぐる方が安くて
しっかり地場の物が買えるので満足感が高いんですよね。

というわけで一縷の望みをかけて小樽へ。

hok2018.jpg

荒々しい冬の海を越えて…
hok2019.jpg

小樽駅に着くと猛吹雪!
流石にこの時は寒かった…

hok2020_20190305211824d13.jpg

ちなみに市場と言えば、小樽の駅を出ますとすぐ近くに有名な市場はあるんですが
そこは良い立地にあることもあってやや観光客向けだと私は思うもので、
もう少し離れた小樽中央市場こそ当たりだと目星をつけていたのです。

事前にウェブページを見て、嗅覚でここだと感じていました。
http://otaru-market.com

hok2021.jpg

ぱっと見活気はありませんが、売っている商品を見ていれば一目瞭然。
地元の食材、地元の惣菜、地元の逸品が揃っています (*´ρ`*)

hok2022.jpg 
hok2023.jpg

そこでついに見つけた随一のお店、小樽中央市場 マルオ奥山商店。
http://otaru-market.com/shoplist/okuyama/

地物の珍しいお惣菜から地物の魚がリーズナブルなお値段でずらり!!

ここはまさに:..。o○☆宝の山や:..。o○☆

hok2024.jpg 
hok2025.jpg 
hok2026.jpg

しかも時刻15時でもこうしてお店が開いているのがとてもうれしいヽ(=´▽`=)ノ
あれもこれもと、今回の旅行の海鮮お土産枠すべてをここに突っ込みました!

北海道から関東や関西にモノを送る場合2日かかるので冷凍便を選択。
ちなみに送料は関東まで80サイズで1700円~くらいです。
80サイズで送れる量として、お惣菜数品と干物10枚分くらいは楽に入ります。

折角なので後日の映像を先にご紹介。
こんな感じに丁寧に包まれて届きます。

hok2031.jpg

ホッケはピンからキリまでありますが、ここのホッケは至高の縞ホッケで新鮮その物。
とても香ばしくいい香りで身も肉厚!ジューシーでめちゃくちゃ美味!!!
当たり前ですが、そこらのスーパーで買ったものとは味も香りも食感も格が違います。

hok2027.jpg

次にニシンの切り込み。

hok2028.jpg

酒好きには最高の肴になるんじゃないでしょうか。
小樽名物ニシンの成分たっぷりで脂身と旨味と甘味と塩味に溢れた美味しい珍味です。

そしてニシンの一夜干し。

hok2029.jpg

生ニシンが一夜干しされたもので、塩加減も絶妙です。
普通の干物も好きですが、一夜干しはよりソフトでやわらかく優しく食べやすく味わえます。

次に宗八カレイ。
肉汁たっぷり、身もホクホクなのにたった200円なので、
次回はもっともっと沢山買い占めようと思っています(*´ω`*)

hok2030.jpg

他にもつぼだいや本物の北海道シシャモ、石狩漬けなどなどこれからの
お楽しみが満載状態。
冷凍の良いところは二か月くらいならいつでも楽しめるところなんですよね (*´ρ`*)

追記:北海道シシャモ オス(本物)

sap217.jpg 
sap218.jpg

よくあるシシャモ風味も和束にうっすらとはするものの、身は若干水分を含んでおり
シットリとしていてやわらかく全く別の味。
身の質だけで言うなら川魚にも近いかもしれないが、全く癖は無い。
//


ちなみにこのお店、旅行ついでにはもちろんですが、電話注文もできるそうなので
興味ある方は地物のとびきり美味しいお魚やおススメのお惣菜を注文してみてはいかがでしょう?
http://otaru-market.com/shoplist/okuyama/


続く…



にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

復興割りで行く北海道旅行~小樽のお寿司と六花亭限定スイーツ~ 

sap201.jpg

小樽中央市場を満喫した我々は次の目的地、観光エリアへと足を踏み入れたのである。

ところで小樽と言えば坂の町と言われるくらいなので滑らないか心配でしたが、
駅から下る坂エリアは大概除雪されているし、雪があっても思ったよりも
滑らないものですね。

表通りはせいぜい除雪された雪くらいしか見当たらないので
逆に冬の北海道雪景色的な景色をあえて探し回るくらいな感じ。

sap202.jpg

当初は北一硝子や土産物屋街のある観光エリアへバスで
移動しようかと思ってましたが案外近くて歩いても10分程度でつきます。

sap203.jpg

北一なども回りましたがこのエリアでの主な目的は六花亭の新メニュー
「雪やこんこ」を買う事。

更に、小樽の六花亭には二階にイートインがあって、ご当地限定
賞味期限が二時間というスペシャル「雪やこんこ」もここで味わえます。

sap205.jpg 

ココアビスケットの間にチーズケーキが挟まれたこのお菓子、
ひんやりとして和束でほのかな酸味のチーズケーキをザックリとした
ココアビスケットの苦みが押しつつんで調和し、かみしめるとチーズケーキが
チーズケーキのおいしさを口内に溶かしだしながらやがてスッ…と溶けて消えて行く様は
もっともっとといくらでも追いかけたくなります (*´ρ`*)

sap204.jpg

何はともあれ上質なものは「すっきり清らかに溶ける」気がします。
ほんと美味しかったです(^O^)

何店舗かをめぐって小樽運河に立ち寄りちょいと撮影した後は
いよいよ小樽のお寿司屋さんへ。

sap206.jpg

ここ、小樽に来たら必ず行くのがこのお店。

sap207.jpg

小樽寿司 魚真
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1001892/

先ずは一杯ヽ(=´▽`=)ノ
sap208.jpg

そういえば食べログのレポートで一貫500円前後だのと
書かれてるのがありますがあれ嘘ですからね。
算数の計算もできない奴だからああいう目に遭ったんでしょう(*_*;

私のお勧めは断然魚真にぎり!
あんまりコスパで言うものじゃありませんが、事実はこの15貫で2700円と
非常にリーズナブル。

sap209.jpg

15貫は多いって方には小樽握り12貫(2300円)てのもあります。
いずれもエビ等の入った美味しい土瓶蒸しが付いてきます。

sap210.jpg

他にもいろいろメニューがありますがディナーで二人、魚真と小樽握り、
お酒飲んでも6000円程度ってめっちゃ安いと思うんですよね。

sap212.jpg

そして何より質が素晴らしいです。
それを語るのに一番ふさわしいと思うのがこちら、ニシンの握り。
これは確かに一貫400円しますけど、ほんとに価値がある逸品です。

sap216.jpg

おばちゃんに満腹だから一貫くらいしか食べられそうにないけど、
ニシンが好きだからどうしても気になるから食べたい!
と言って普通に出してもらいました。

sap211.jpg

小樽と言えばニシンだそうですが、この美しさ。
その味は本当に、小樽と言えばニシンですね。
先ほど上質なものは「すっきり清らかに溶ける」と言いましたが
まさに清らかなくちどけの味。

実はニシンの握り自体は関東でも食べられるし、
ニシンの握りを何度か食べたことがあるんですが、全然違う。

独特の魚の香りってありますよね。
サンマならサンマ、イワシならイワシ、ニシンにも当然あります。

それは基本的にその魚の持つ油が臭いを放ち、風味としてそれを感じる事で
魚の匂いを認知するのだろうし、普通な事であって悪い事ではないし、
干物なんかではむしろそれがらしさとしての味わいにもつながっています。

けれどもこの握りにはそれが生じていない程に澄み切った鮮度なんですよ。
純粋なニシンの旨味と身の質感を雑味なしに味わうことができる、
これぞ小樽のご当地でしか食べられない至高の逸品、大満足の夕食でした (*´ρ`*)

小樽駅の夜景を眺めつつ札幌へ。

sap213.jpg 

そしてホテルからの札幌の夜景。

sap214.jpg

翌日いよいよ最終日です。




にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 
ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

TB: 0    CM: 0

リンク

ブログ内キーワード検索

最新記事

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

便利リンク集

エストレヤRS役立ちグッズ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック