グルメ 水どう祭りで北海道旅行~9/5 - エストレヤでマッタリ日記

エストレヤでマッタリ日記

カワサキエストレヤ(エストレア)99年式RSがメインのブログです! エストレヤの写真やメンテ情報に加えて旅の日記、キヤノンのデジタル一眼EOS7Dでの野鳥風景花撮影の記事なども。(※文書及び画像の無断使用、転載等はお断りします。Reprint is prohibited※)

 

水どう祭りで北海道旅行~9/5 

やっと晴れた~!
001_20130913225018c6e.jpg

今日のおめざは昨日購入したメロンととうもろこし。
とうもろこしは少しだけ生でも食べてみましたが、まさにピュアホワイトな味。
スッキリとしていてとっても甘い。

002_20130913225438251.jpg

続いて朝食は、昨日市場で仕入れたいくらの醤油漬けと、折角なので道産品をとスーパーで買った
北海道産のお米、ふっくりんこでいくら丼。

003_201309132301000f6.jpg 004_20130913230103504.jpg

これはっ!!!うまいっ!!!!!!!

005_2013091323010317f.jpg

50グラムで↑これくらいの量ですが、ガッツリ食べるなら一人100グラムくらいが適量だと思います。
本当に美味しい新物イクラでした(〃▽〃)

丸果で追加購入を決意。

さて、腹ごしらえも終えたので、いよいよ本日の目的地小樽目指してJR札幌駅へ。
006_20130913230909a47.jpg 007_201309132309133e9.jpg

小樽へは電車で40分程度。
バスを使って行くこともできます。
008_2013091323091466c.jpg 009_201309132309146a4.jpg

列車は海沿いを走っていて、車窓から見える漁師町風の景色に心惹かれつつ、
この辺りに途中下車して海を眺めてみたいなぁと、強く思いました。
同じ海でも随分風合いが違うものですね~。

010_2013091323134083b.jpg

012_2013091323134370e.jpg 011_201309132313442d8.jpg

景色に見とれている間に列車は先ず南小樽へ。
北一硝子へ行くならここで降りたほうが近いようです。
014_201309132323236cb.jpg

続いて小樽へ。
016_2013091323261663e.jpg 017_2013091323261766d.jpg

駅にはランプが沢山あってのっけからいい雰囲気だったもので、
ついつい写真たくさんとってしまいましたw
015_2013091323232528e.jpg 
018_20130913232817d39.jpg 019_201309132328209d2.jpg
020_201309132329318c9.jpg

ひとまず駅前で散策バスを探すことに。
021_20130913234313bd4.jpg 022_20130913234315a5a.jpg

小樽を回るなら便利なバスなのです。
023_20130913234542e4e.jpg
http://www.chuo-bus.co.jp/city_route/course/otaru/

このバスは一回210円。
そして一日乗車券¥750もあります。
だが、これは罠っ!

一乗り210円だから、4回乗るならお得だと、思うでしょうけれども、
一日あちこち回るとかでもないなら4回も乗らない。
ヘタすると一回乗って終わりなんてことも。

なので一日乗車券のご利用は計画的に。
又、散策バスではSuicaは使えません。

024_20130913234930318.jpg

ともかくも小樽中心部まで散策バスで移動。
運河ターミナルから北一硝子方面へ向かっては横通りを徒歩で歩いていきます。

小樽は凄いですよ、街全体がアトラクションです。
大正~昭和風の外観、内装の建物がズラリ。
いや~、ここまで徹底した街だとは知らず、すっかり建物のとりこになっていましたw

025_2013091323550710d.jpg 031_20130913235958062.jpg 032_201309140000167ce.jpg 

コロッケ食べて一休み。
037_20130914000454314.jpg


一見してあぁ観光地だなぁ、という風合いもあるんですが、扱っている物が主にガラス製品で
大正浪漫風な佇まいの町並みの中にあったりするものですからなんともファンタジーな感じがありましてね、
とっても面白い街です。

033_20130914000020699.jpg 034_20130914000020558.jpg 

035_20130914000022147.jpg 036_20130914000021b53.jpg

夏休みも終わった平日だったんですけどね~、ガラスの店、土産物屋、海産物系の飲食店等など、
何れもかなり混んでいて、修学旅行生っぽい学生たちの姿もちらほら。

038_201309141143460c0.jpg 039_20130914124530da7.jpg

あれ面白そう、ちょっとここ見てみたいだのとそこらの店に立ち寄りつつ、
目的の北一ホールにたどり着いたのが13時半。

040_20130914124729416.jpg 041_201309141253550b1.jpg 

運河ターミナルから一時間半くらいかかりました。
普通に歩くと30分くらいの距離でしょうか、わりと長いです。

北一ホールとは167個のランプが灯る、風情のある喫茶店です。
http://www.kitaichiglass.co.jp/shop/kitaichihall.html

043_2013091412535336f.jpg

名物(?)のジャンボシュークリームとケーキセットなどを注文。
044_20130914161907490.jpg 045_20130914161906eaf.jpg

ジャンボシュークリームは本当にでっかいんですが半分くらいで飽きるのと、
ちょっと皮ハードなので普通のケーキのほうが好みでしたが、とっても雰囲気が良くてですね、
石油ランプの香りが漂うランプ明かりの空間は非日常の空間で素敵でした。

046_20130914162815731.jpg 
048_20130914162816109.jpg 047_20130914162818bff.jpg

休憩した後は最終目的地、北一硝子へ。
近くにはチーズケーキなどで有名なルタオの本店(多分)もあります。

北一のグラス、そりゃぁ確かに綺麗です。
かわいいグラスも沢山ありました。
和のフロアでは月見うさぎのグラスや花火、或いは星空等などどれもこれも可愛らしく秀麗です。
http://www.kitaichiglass.co.jp/shop/wa.html

しかし、それはこの街の醸しだす雰囲気に飲まれているんですよね。

052_201309141641530ed.jpg


高価なグラスなんてあったとしても、普段使いますか?
もし割ってしまったら、などと思うと気軽に使えない、では持つ意味もないわけです。

051_201309141642039a8.jpg

そう、一時の感情に流されないことが大切です。

050_201309141642015f5.jpg


散財\(^o^)/


いや~、ほんと素敵なグラスばかりでですね、その実一時間くらい悩んで比べて持ってみて、
フィット感、持ち味が気に入ってこの切子グラスに決めました。
本来は酒器なんですが、アイスコーヒー毎日飲むのに使っているので一時の感情ではなく
計画的、長期的戦略に基づく投資の筈ですよ、えぇ。

053_20130914172123071.jpg 054_20130914172126ce6.jpg

さて、ここから再びバスに乗って帰ろうと思ったんですが、なかなか来そうにない。
そこで、地図で見てみると南小樽駅がわりと近くにあるようなので、そこまで歩くことになりました。

055_201309141722043a7.jpg 056_20130914172207a4b.jpg

小樽は坂の町としても有名だったように思いますが、実際坂が多くて体力が削られます。

057_20130914172209ad3.jpg

058_20130914172408281.jpg 059_20130914172413ee2.jpg

20分ほど歩きまわって南小樽駅発見。
セブン-イレブンだと思ってたらそこが南小樽駅でした。

061_20130914172406ceb.jpg 060_20130914172412b10.jpg

南小樽駅付近~駅舎。
小樽はほんと、撮り応えのある街です。
062_2013091417383051b.jpg 063_20130914173836e24.jpg
064_2013091417383650e.jpg 065_20130914173838afe.jpg
066_201309141738373c8.jpg 
067_20130914174010100.jpg 068_20130914174013fbb.jpg

何か食べるにも先ほどのジャンボシュークリームがドドンと居座っていらっしゃるようなので、
エスタで買い物をしてから家で食べることに。

本日のメニューはソイ。
069_20130914174816189.jpg

そいって食べたことなかったので、売り場のおばちゃんにどういう味か聞いてみたところ、
ヒラメと鯛に近い感じとの事だったので、買ってみました。

そして毛ガニ。
070_2013091417481892f.jpg

お惣菜などなどと頂きました~。
071_201309141748216c6.jpg 

ソイは確かにヒラメ系な感じで淡白で癖がなく、だけれども甘みのある感じ。
漬けにしたらかなり良いんじゃないかなぁと思いました。

毛ガニはですね、そもそもカニってあんまり好きじゃないんですよ。
蟹と海老ならエビでしょう。
だってあのほじくり返す労力やらチマチマ食っても味しないし。

と、そこに気がついたわけです。

チマチマ食っても味がしないのはチマチマ食うから味がしないのである。
すなわちチマチマ食うのではなく一斉に穿る、解体し、一心に身を集め、一気に食う!!

この食べ方を以前松葉ガニで実践して美味すぎて悶えたので、今回も行けるはずっ。

072_20130914174823b84.jpg

正解っ。
流石浜茹でのカニ、甘みのある美味しさを満喫出来ました。

思っていたよりも解体もしやすく、ポン酢にちょよいと付けてタップリ味わう
身の味はなかなか素晴らしくて、いい買い物だったようです。

ただ旬が冬だからなのかカニの差なのか、11月に食べた松葉ガニよりちょっと味が薄い感は
ありましたが、でも1280円でこれが食べられるのって安いと思いますよ~、ほんと。



なんだかもう十分に満喫したから帰ってもいいんじゃないかくらいな気分になってましたが
いよいよ明日、9/6日こそがメインイベント、水曜どうでしょう祭り2013その日でございます。



スポンサーサイト



にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 にほんブログ村 

ブログランキングに参加中です、ぽちっとご支援お願いしますm(_ _)m

-----------------------------------------------------------------------------
ブログ村にてエストレヤ、トラコミュの参加者を募集しています!
にほんブログ村 トラコミュ カワサキ エストレヤ(ESTRELLA)へカワサキ エストレヤ(ESTRELLA)
エストレヤに関する記事であれば何でもトラックバックOKです!
トラックバックするとそのコミュに更新が表示されるだけの極めて簡単、
気軽なものですので、エスト乗りの方、是非トラックバックしてみてください。
------------------------------------------------------------------------------------



category: 旅行

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

TB: 0    CM: 2

コメント

祭の参加があったと思いますが、それだけ動くならレンタカーでも良かったでしょうね。千歳で借りてしまえばいろいろ便利ですし。
来年は家族でキャンプドライブする計画を練ってます。行きたくて仕方ないっす。

URL | あうふ #-

2013/09/15 12:07 * edit *

Re: タイトルなし

あうふさん>
レンタカーも考えたのですが、駐車して移動する事を考えるとあまり変わらないかなぁとも。
札幌周辺はかなり交通網が発達していますし、特に地下鉄が豪速なのでw
ただ、旭山動物園などなど札幌周辺から離れて観光するならあったほうが便利そうですね。

キャンプドライブ楽しそうですね!
是非ホッケのスモークなども…w

URL | MMARO #-

2013/09/15 13:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://estrella99.blog.fc2.com/tb.php/400-de7fce90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

ブログ内キーワード検索

最新記事

プロフィール

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

便利リンク集

エストレヤRS役立ちグッズ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック